青色申告を活用しよう

なんらかの形で得た収入からは、一定額の所得税を支払う必要があります。個人事業主になると確定申告の必要性が生じることは、みなさんもご存知のとおりです。ただ、独立して仕事を始めた人のなかには、確定申告時に頭を抱える人もいるのではないでしょうか。会社勤めの人は、所得税の過不足は年末調整によって行います。そのため、副業所得(収入-費用が20万円を超える場合)や医療費控除の申請などがない限り、確定申告とは無縁だったかもしれません。もちろん、年末調整に際して保険料などの証明書類の用意は必要ですが、難解な書類作成は職場の担当者に一任することも可能だったはずです。そのため、個人事業主になって書類作成の壁にぶつかるのも無理からぬことでしょう。

個人事業主におすすめなのは青色申告(65万円控除)です。こちらを選ぶためには日頃から作成する帳簿類も増えますが、所得(収入-必要経費)から最高65万円の控除が受けられるメリットが生じます。実際のところ青色申告を行っていなかったとしても、基礎控除(38万円)や社会保険料控除、生命保険料控除、医療費控除などはあります。しかし、65万円の青色申告特別控除を受けることで、所得税を軽減させることができます。これは大きなメリットだといえるでしょう。青色申告で得られるメリットをもっとよく知りたい場合はこちらで詳細を確認してみてください。

ちなみに、日頃の帳簿作成は「簿記3級」の知識があれば可能なケースも少なくありません。また、いろいろな会計ソフトもあるため、お好みに合わせて選ぶことをおすすめします。